Ringoの布団をお使いのお客様から手紙を頂きました


私もこのRingoで働き始めてもうすぐ8年目になりますが、いつもここで働けて良かったなぁと感じている事があります。

 

それは、ご利用して下さるお客様がとても素敵である事です。

 

Ringoの製品をご提供させて頂いている立場上のコメントでは無く、本心でこのような発言ができる事は環境にただただ感謝しなければなりません。

 

倉敷店舗に直接ご来店頂いているお客様からも・・・・

 

「Ringoのお布団が気持ち良くて手放せません♪」

 

「Ringoのベビーマットをお祝いでプレゼントしたらとても喜ばれました♪」

 

このような思わず飛び跳ねそうに(笑)なる嬉しいお言葉も沢山頂いておりますが、最近はネットショップでご購入して下さった県外のお客様からお電話やメールでもご感想を頂けたり、FacebookやインスタグラムなどのSNSでも感激するメッセージを頂いております♪

 

そんな中つい先日Ringoに一通のお手紙が届きました。

img_20161012_121007

 

お手紙をお送り頂いたのは、先日Ringoのお布団をご購入して下さった和歌山県のT様でございますが、その手紙の内容を見て涙もろくはない私も感動のあまり目頭が熱くなってしまいました。

 

※一部内容をご紹介致しますが、お客様から掲載の許可は頂いております♪

 

T様のお母様は重いお布団が苦手という事もあり、以前からT様が代わりに色々とネットで軽いお布団を探していたそうです。

 

そこで偶然Ringoのお布団を見つけて下さり、お母様にプレゼントした所大変お気に入って下さりご使用して頂けたとの事です。

 

軽くて温かい事や、ご自宅で丸洗いできる部分をとても良いと喜んで頂けたようで、快適に使い続けて下さった様子がお手紙に記されておりました。

 

その後、介護施設にご入居される際もRingoのお布団を持って行って下さり、最期までRingoの寝具をご愛用頂き天寿を全うされた様でございます。

 

T様はこれから寒くなる頃に何か良いお布団はないかと考えていた時、お母様の為に購入したRingoのお布団を想い出し、今度はご自身の分もとご購入頂きました。

 

お母様を思い出す時は、Ringoのお布団を使用して喜んでいた笑顔が浮かぶ

 

と最後に記されておりました。

 

このお手紙を読んだ時は何とも言えない気持ちになりました。

 

普段から仕事をしている時に考えるのは、寝具の販売はお客様の元に製品が到着してからがお取り引きの始まりと私は認識しております。

 

製品のプロモーションも大切ですが、まずはお客様に使用して頂き快適で心地良いと感じて貰える製品を作る事が最優先だと考えております。

 

Ringoの製品はオーナーが身体にも心にも優しい寝具を作りたいという気持ちで始まったものですが、小さなお店でオリジナルのお布団を製造する事は簡単な事ではありませんし、昔は岡山県でも知名度が低くRingoのお布団をバカにされ悔しい思いをした事もあります。

 

しかし地道に運営を続けておりましたら、徐々にリピーター様も増えてきてお店でご購入して下さる以外にも、全国各地からRingoのネットショップをお探し頂いたお客様もRingo製品をお求め下さっております。

 

そしてRingoの製品をお使い頂いているお客様から、様々な方法でご使用のご感想や喜びのお声を聞かせて頂ける機会が本当に多くなりました。

 

それもRingoの製品をご使用頂いたお客様や、お祝いのギフトでRingoの製品をお使い頂いているお客様のお陰でございます♪

 

店長の私では誠に僭越ではありますが、この場をお借りしてお客様に改めてお礼の言葉をお伝えできればと思います。

 

Ringoの製品をご使用頂いている全てのお客様、本当にありがとうございます!

 

睡眠は人間が生きる上で欠かす事のできない行動です。

寝具のRingoはこれからも皆様の良質で心地良い就寝をサポートできれば幸いでございます。

寝具のRingo公式web

 

自分の書いた文章を見返してたら最終回みたいなノリに見えましたが、まだまだこれからも寝具のRingoは元気いっぱい営業致しますのでご安心下さい(笑)

 

それでは皆様のご来店心よりお待ちしております。

寝具のRingo マネージャー

 

追記

お手紙も頂いたT様の文章はとても素敵で更に達筆で感動しました。

私もお礼のお手紙をお送りさせて頂きましたが、どうも綺麗に字を書くのが苦手なようでお見苦しい見栄えのお手紙であった事をお許し頂ければ幸いでございます・・・。

またネットショップでご購入頂いたお客様にも直筆でご挨拶させて頂く事もあるのですが、ご気分を悪くされた方がもしいらっしゃいましたらこの場をお借りしてお詫び申し上げます・・・。

コメントを残す